9.おすすめ子供服

ここ数年、子どもに着せたい子供服ブランドとして最も人気があるブランドが、ユニクロです。子どもの成長は早いので、子供服はいったん購入しても、1年も着られることはありません。また活発に動く子供時代は、汚れや破れなどは日常茶飯事の出来事なので、同じ子供服を着ていられる期間は非常に短く、すぐに新しい子供服を購入しなければならなくなります。ですから、高い子供服を買うこともできないという経済的な事情があります。しかしだからといって、なんでもいいというわけではなく、気に入ったデザインにものを着せたいし、そして着回しができるものであってほしいという希望もあります。さらには、よく動く子供のために子供服は動きやすく、体もしっかり守ってくれるという素材と機能性も求められます。そういった様々な事情をまんべんなくかなえてくれているのが、ユニクロの子供服です。価格的にも高くないので、気軽に購入できますし、素材や機能性という点では、親が実際にユニクロの洋服を購入したりすることで、ブランドへの信頼があります。さらにデザインとしてはシンプルなものが多いため、着回しもしやすいですし、また大人っぽい雰囲気を出すこともできます。またユニクロはメンズやレディースの服も同一店舗にすべてそろえてありますから、いくつかのショップを回らなくても、お父さん、お母さん、子ども、小物のすべてを一気にそろえることができます。場合によっては、色違いのお揃いを着てファミリーで楽しむこともできます。そういった便利性という面でも、ユニクロは非常に使いやすいブランドです。ですので、自然とユニクロの子供服への人気も、高くなっていくのでしょう。

同じようにファストファッションのショップとして、GAPも人気があります。ユニクロとほぼ同じ理由で人気のあるGAPですが、ユニクロよりもデザインがカジュアルなものが多くそろっています。ユニクロの子供服を買う方は、GAPも子供服を買うブランドとして挙げています。この、ファストファッションの子供服への人気は、今後もしばらく続くとみられています。経済的な状況も影響していますし、またある程度の品質を確保できるという信頼感は、多くの方の間に根強くあるからです。
子供服ブランドで親が子どもに着せたいブランドというと、コムサイズムやナイキ、ミキハウスなどがあります。コムサイズムは、DCブランドといわれたコムサ・デ・モードと同じファイブフォックス系列のブランドで、コムサ・デ・モードよりも価格帯は低めになっています。しかしコムサイズムもSPA方式を導入しているという点では、GAPやユニクロと同様です。ただコムサイズムはGAPやユニクロといったファストファッションよりも、ブランドとしての位置づけが日常的な子供服というよりも、シーンに応じた子供服というものになっています。コムサイズムの子供服はシンプルで、色合いはピンクやブルー、グレーといったパステル調の優しい色合いが多く、カジュアルというよりもスタイリッシュな子供服が多くなっています。またさらにコムサイズムもGAPやユニクロと同様に、ファミリー全体が楽しめるファッションを提供しているということがあります。コムサイズムのコンセプトは「家族の絆」となっているくらいで、スタイリッシュながらも温かみがあり、お父さんやお母さんとお揃いにすることもできます。こうしてみてみると、子どもに着せたい子供服というと、家族全体を視野に入れているブランドが人気がある傾向といえそうです。

こういった家族全体をターゲットにしている子供服ブランド以外でも人気がある子供服ブランドというと、ナイキやミキハウスがあげられます。ナイキは、スポーツ部門で培った機能性や革新的な素材、デザインをもとに、子供服にもそれらを応用して作られています。デザインとしてはシンプルなものが多く、ナイキだけあって活発に体を動かしやすいような構造をしています。しかも素材としては、通気性が良いものや素材が軽いもの、吸汗性の高いものなどスポーツで培ったノウハウを最大限に生かしていますので、体をよく動かし、汗もよくかくという子供には、最適な子供服を提供しています。そのことが、子どもに着せたい子供服ブランドとして人気のある理由ともなっています。